日々の出来事やうれしかったこと、悲しかったこと、なんでも書き綴ります。

寝つきをよくするために、カフェインの摂取に気を付けています

寝つきが悪いのが悩みです。歳のせいじゃない?などという友人もいますが、私の場合、子供の頃から寝つきが悪かったので、持病のようなものです。

テレビのバラエティ番組などで、睡眠についての特集があったりすると、真剣に見てしまいます。とはいえ、テレビで紹介される寝つき対策、安眠対策を見ていると、就寝の2時間前から準備をしなければいけない感じで、なかなか実行に移せません。

そんな時、本当に簡単に、寝つきを改善する方法を見つけました。それは、夕食を早めに取って、その後はカフェインを絶対に摂らない、というもの。

カフェインの覚醒作用はかなり強力で、コーヒーや紅茶を飲んだ後、4~5時間続くそうです。夜の8時にコーヒーを飲んだら、深夜1時まではカフェインが効いているわけです。

私はコーヒーが大好きで、お風呂上がりにも飲んだりするほどだったのですが、夜のカフェインをきっぱりと実行したら、かなり寝つきがマシになりました。

チョコレートにもカフェインが入っているので、チョコレート関係のお菓子もシャットアウトしています。チョコレートも私は大好きなのですが(泣)とはいえ、良いこともあり、この寝つき対策を実行してから、甘い物を食べる量が減ったせいで、少しですがダイエット効果が現れてきました。

肌の調子やお通じも良くなってきた気がするし、これは案外お勧めの美容対策かもしれません。